neděle 2. října 2016

チェコっとチェルト Čekotto Čert / できないの Neumí



ナオミという名前は、生まれる前からついていた。
Mám přpravit méno Naomi je před narozením ona.

それは、私がまだ大学生の時…。
見慣れた街を歩く脚が重かった。
私は、本来なら子供の時にかかるであろう病気にかかったいた。本当かどうか、それまで一度も世話になったことのない学生寮から一番近い町医者に診察してもらった。
「流行性耳下腺炎ですな。」
「それって…。」
「そう、俗にいうオタフク風邪。」
ホッペタの下が腫れていたから、まさかと思っていたが。先生に恐る怖る聞いた。
「もしかしたら、将来、子供が…。」
白髪の医師は、カルテにペンを走らせながら下を向いてボソッと言った。
「まぁ、少なからずそういう可能性も…ありますな。」
Ale---. To bylo ješte jsem studuje v visoký škola.
Cítit moc těžkí nohy v město. Protože dostal náká nemoc.
Bylo po prvý ordinace u studentské koleje.
''To je příušnice.''
''Co ze ?" 
"Jasně, Je to OTAFUKU-KAZE." 
Ano, to bylo troch pálý pod uši.. Ale nemislal si to je ono...a zeptat.
"To znamená svoje dítě...ne bude..?"
Lekař má bíly vlasů koukat dolu a napsat záznam řek..
"Možností.... no to neni moc." 


その晩はとても寝つきが悪かった。ホッペタの痛さよりも、まるで下半身が奈落の底に吸い込まれていく感じの方が強かった。
ラダナが日本に持って来てくれたナオミの赤ちゃん人形は私が原因で実現できそうにない
というのは心苦しかった。
Tento noc nemužu spát.  Moc cejtit jení neco než bolest na pod usí.
To bylo jako padá do peklo.
Pro mne moc bolestivý, nebude naše horčičika Naominko od moje důvod.

ところがどうして、結婚して4年後に彼女は妊娠した。超音波の結果は女の子、ナオミだった。
お腹の大きいラダナは、とても美しかった。
Po čtyře roky od svadva, bylo velký překvapení. Radana čekat miminko. Ultrazvuk ukazovat je horka. Ano, ano, to je NAOMI. 
Radanko má velky břicho bylo hrozná krásná. 



その日、オンドラと私はワクワクして待っていた。
Ten den, Já a Ondra čekat v doma vše připravení.
 


病院では一番小柄なラダナだったが、生まれて来た子は一番大きく、ボサボサの黒い髪の毛を生やしたいた。初対面の時、廊下の向こうからショッピングカート!を押して来たラダナの姿とその中にいたナオミの姿は今でもまぶたに焼きついている。
それは、とても幸せな瞬間だった。そう、僕らのナオミがやって来た。
Radana bylo nejmenčí výška v porodnice, ale bylo nejvelká miminko, a mám moc černá vlase. Nezapomen, kdyby Radana přidu s nákupní vozik od dlohý chodba a malá Naominko.
To bylo nejštěstní čas. Jupí, je naše Naominko!





ラダナによれば、母乳の飲みっぷりはびっくりするほど強かったらしい。
それは、まさしく、小さな可愛らしく強いチェルトだった。
Naomi je malá roztomilá ale silná čertice.





そう、私がびっくりしたのは、生まれて5日後の退院の日にピアスをしていたことだ。 チェコでは、普通のこと。ラダナは既に準備していたという。日本ではありえない。
Překvapeny já bylo, Naomi dostal nausiníce co Radana připravená ichned po narozit. 
V Japonsko to neni normalný.






 そんな我らのチェルチックナオミ。言葉が少し喋れるようになってから、名前を聞かれた。彼女はきっと一所懸命に答えたに違いない。
「ネウミー。」
「ふーん…。」聞いた人は不可解な顔をしたという。
(チェコ語でネウミーは、できないってこと。「言うこと知らないの」って答えていた。)
そう、君の名前はナオミだよ。私たちの娘だ。
Naše čertik Naomi, někdo zeptát jeho méno. Mislým ona skousit mulvit správně...a řek
" Neumi"
"Co ze...? Ty neumi?"
 Ano, Tvoje méno je NAOMI. Naše krásná dcerka.





ずっと素敵なチェルチックでいてね。
Prosím pořad hezká čertice.