pondělí 13. února 2017

チェコとチェルト Čekotto Čert / バレンタインデー Den Valentýn

バレンタインデー。
私はラダナからチョコレートのプレゼントをウキウキして待っていた。
でも、そんな気配はこれっぽっちもなかった。どうして? いや、むしろ…。
ちょっと前の日本では、1年のうちにたった1日だけ女の子が男の子に好きだと言う気持ちを打ち明けることができる日、それがバレンタインデーだった。昔の慣習では、一般的に女の子から男の子に打ち明けることはご法度だったから。
もっとも、最近では気弱な男が増えて男から告白するということも怪しくなっているようであるし、携帯やSNSの発達によって随分とその辺りも様変わりしているように感じる。

Já čekat čokoládový dárek od Radanko.
Ale nic nebylo. proč???  Několik let spátky, den Valentýn je jediní den co holka nebo žena můzu přiznat svoj láska do kluk nebo muž. Minulý Japonský konvence je normalní nedělám.
Ale v poslední době, muž nic neřek do žena protože bojim. 
A vyměnit situace od mobil a socialní sítě a tak dál....má lechký komunikace.




どちらにしろ、バレンタインデーが近づくと、いろんなお店が特別なチョコレートを売るための飾り付けで日本の街角は赤とピンク色に染まる。どういうわけか(というか、コマーシャライズにのせられて)、その日にはそういったチョコレートと共に意中の人に告白をするという習わしになってしまった。オリジナルのチョコレートを作ったりする人もいる。
Před Valentýn v Japonsko, město se barví červená a růžová, protože obchod chči prodat specialná valentýnová čokoláda. Ano to je reklama a obchod... Ale tento den zvyk je holka přiznat kluk s čokolada má. Někdo vyrobit original čokolada doma...




だから、その日が近づくと、男も女もなんだかそわそわする。誰が誰に告白するのか…。
そう、まさかのカップルができたりしたのだ。

Ješte, lidi nejsou v klidu, protože přemejšlem, kdo bude kdo....
Ano, někde budu nečekaná dvojice.




ところが、1ヶ月後の3月14日はホワイトデーというのがいつのまにかできた。(これもコマーシャライズの賜物だろうが)それは、バレンタインデーにチョコレートをもらった男が、その子に気があれば、マシュマロやクッキー、あるいはホワイトチョコレートでお返しをするというものだ。だから、今度は街が青と白くなる。
A potom začal White-day. 14.březen. To je sance pro kluk který dostal valentýn čokoláda. Kdyby on mám zájem, spátky pro ona sušenka nebo bílý čokoláda.
Ano samozřejmě město bude pro změnu bílý a modrý...




しかし、ヨーロッパはそんな風習はなく、バレンタインデーは恋人の日。
だから、ジェントルマンは花とチョコレートなりプレゼントを自分の愛する人に感謝を込めて用意する。
もちろん、私も私たち2人のために。
Ale v Evropa je jiný. Den Valentýn je Milovníci den.
Ano džentlman připraven kitka a čokoláda pro svoj láska s díky.
Samožejmne já taky na moje Radanko.